0 カート
カートに追加
    カートに アイテムがあります
    カートに 1 の商品があります
      合計

      ドッグタグは男性も女性も身につけられるユニセックスアクセサリーとして人気アクセサリーの1つとなっています。

      専門店などでオリジナルのドッグタグを作れるということで、今はおしゃれで付ける人が多いですが、ドッグタグの刻印の内容を何にするか迷いますよね。

      今回はドッグタグの刻印する内容の決め方について3つのポイントを解説します!「ドッグタグを作ろうと思ってはいるけど…」「ドッグタグの刻印の内容について何にするか考え中」という方は是非参考にしてくださいね!

       

      ドッグタグに刻印する内容が気になる…どんな活用方法があるの?

      これからドッグタグを作ろうと考えている方、気になるのはドッグタグにどんな刻印を、どんな内容のものを入れるか、ですよね?しかし、どう言ったルーツでドッグタグがどのように使われるか知っていますか?まずはそのルーツや利用シーンを作る前の知識として入れておきましょう。

       

      ドッグタグのルーツを知っておこう

      ドッグタグのツールはプロイセン軍にあります。元々兵士が自分にもしもの時があったときのためにドッグタグに刻印する内容はパーソナルデータ、つまり名前や住所、所属や血液型などを彫ったとされています。

      日本でも自衛隊などではドッグタグに刻印された内容は名札の代わりとし利用されるなど「自分を示すもの」という意味で、常につけているようです。

       

      アクセサリーとして利用する方が多い

      元々はドッグタグに刻印する内容はパーソナルデータが基本で、軍隊や自衛隊など集団における自分を示す名札として使われていましたが、現在はおしゃれアイテムとしてアクセサリー感覚で使う人も多い印象でしょう。

      ドッグタグに刻印する内容は自由に選択でき、好きな文字や絵を彫ることができるというオリジナリティがあるところや、性別やファッションを選ばないシンプルなデザインが人気のカギで、町中や通信販売では様々なドッグタグが販売されています。

       

      実際に使われているシーンや場所は幅広い!

      ドッグタグは現在はおしゃれアイテムとして使われることが多いアイテムですが、使われているシーンはかなり幅広いものになっています。

      例えば、ご老人の迷子札として使われることがあります。ご老人の方が認知症などを患っていて自分の帰る場所がわからなくなった場合、付けているドッグタグに刻印された内容、例えば名前や連絡先をもとに無事家に帰ることができるということもあるようです。

      また、災害時のもしもの時の札としてつけている方もいます。災害時の混乱で離れ離れになってしまった家族と会えないとなった場合、ドッグタグに刻印された内容、例えば名前や連絡先などの個人情報をもとに探し出すこともできます。

      ドッグタグに刻印できる内容は自由ということから、様々な使い道があり可能性は幅広いと考えることができるでしょう。

       

      実際にドッグタグの刻印はどんな内容になってる?オリジナルはあり?

      ドッグタグの刻印の内容は自由であると言えますが、実際にドッグタグを作っている人の刻印はどのような内容になっているのでしょうか。また、刻印でオリジナリティを出したいという考えからオリジナルを作成することはできるのでしょうか。

       

      ドッグタグの刻印の内容は「認識票」がベース

      ドッグタグは本来軍隊において認識票として誕生しました。ドッグタグに刻印された内容が犬の鑑札札にそっくりだったことから自嘲気味にドッグタグと呼ばれていた認識票です。

      本来の軍隊における使用目的にそってドッグタグの刻印の内容は所属、国籍、自身の名前、血液型を彫るというケースも多いです。これらのデータは自分のみの個人的な情報であるため、他の人とはかぶらないというメリットもあります。

       

      オリジナルのマークや文字はあり?

      ドッグタグに更なるオリジナリティを持たせるためにオリジナルのマークや文字を入れたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

      基本的に私達の想定するドッグタグは軍隊的な名札ではないのでドッグタグの刻印の内容は自分のオリジナルであり彫りたい文字やマークを彫ることができます。

      店によってはドッグタグの刻印内容としてオリジナルのモチーフや好きな言葉を彫ることができるので、いつも気に入ったデザインのものを作って身につけることができます。

       

      自作でドッグタグは作れるのか?

      ドッグタグは店でタグを購入し、その場で好きな文字やマークを刻印してもらうものですが、自作することはできるのでしょうか。

      ドッグタグを自作するためには金属のプレートに刻印するための打刻機が必要になります。打刻機があれば金属などへの打刻は簡単に行なえますが、打刻機自体高価なもの…。

      よりこだわりを持ってドッグタグの刻印する内容を考えるのであれば、自作するよりプロに任せてみるといいでしょう!当方でも、皆様の要望にそって制作させただいております

       

      購入前必見!ドッグタグに刻印する内容…決め方のポイント3選!

      いざドッグタグを作るとなった場合、ドッグタグの刻印の内容はどのような刻印をするか迷いますよね。購入前にじっくりと考えたいもの…。そこで、まずは購入前にドッグタグに刻印する内容を決めるためのポイントを抑えておきましょう。

       

      用途をはっきりさせておこう

      ドッグタグは元々兵士の認識票がルーツですが、今はアクセサリーとして、迷子札や災害時の名札としてなど様々な用途が見られます。

      自分はドッグタグをどのように使用したいのかドッグタグの刻印の内容も含め購入前にしっかりと考えておきましょう。使用用途をはっきりさせておくことで、ドッグタグに刻印する内容や文字がスムーズに決まり、迷いもなくなりますよ!

       

      モデルとなるドッグタグがあるとスムーズに

      ドッグタグはオリジナリティ溢れる自由度が高いものだからこそ、自分でゼロからイメージを考えるとなると案外難しいものです。

      ドッグタグを作るにあたって「こんなイメージがいい」というモデルとなるドッグタグがあると注文がスムーズになるでしょう。憧れの人が付けていたもの、好きなキャラクターが付けていたものでもなんでも構いません。モデルとなるドッグタグの刻印の内容などがあると完成もイメージしやすいのでおすすめです。

       

      材質や素材も重要なポイント

      ドッグタグは認識標として使用されていた際は丈夫さ重視でシルバーのみでしたが、現在は使用目的も様々であるため、多様な素材が用意されています。

      シルバーのみではなく、アクセサリーとして長時間付けていてもアレルギー反応が起きにくい金属であったり、木や革で作られたものもあります。

      自分の使用目的や付ける場所、物に応じて適した材質や素材を選ぶと良いでしょう。

       

      信頼できる専門店を事前に見つけておくとよりいいものができる!

      せっかくオリジナルでドッグタグを作成するのですから、信頼できる良い店に作ってもらいたいですよね。

      事前にどの店がいいか調べて目星をつけておくことで、安心して自分オリジナルのドッグタグ作成をお願いすることができます。

       

      ドッグタグを作るなら専門店にまずは相談を

      ドッグタグを作るとなった場合、まずは専門店に相談することをおすすめします。やはり餅は餅屋です。専門店ならではの視点や経験でアドバイスをしてくれるため、あなたにぴったりのドッグタグを作ってくれるでしょう。

      予算や使用用途、出来上がりのイメージ、ドッグタグに刻印する内容などどんなことでも専門店に相談し、作る前の不安を解消することでより満足度の高いドッグタグを作れるでしょう。

       

      刻印工房クレストイーストではUSA本物仕様からプレゼントまで

      刻印工房クレストイーストでは様々なドッグタグ作成に対応しているためあなたにぴったりのドッグタグが出来上がること間違いなしです。

      USA本物仕様のものから自衛隊式のものといった「本物に限りなく寄せたドッグタグ」から、自分の好きな言葉やマークを刻印したオリジナリティ溢れるおしゃれ要素が満載のドッグタグまで様々なタイプに対応できます。

      ドッグタグの刻印内容や素材についても多様に選べるため、自分用にドッグタグを作るのはもちろんですが、プレゼント用としてもぜひご利用くださいませ。

       

      まとめ

      本来のルーツから可能性を広げ、幅広い使い方で現代の多くの人に使用されているドッグタグですが、自分オリジナルのものを作ることができるということでどのように作ろうか考えただけでわくわくしますよね。

      作る際は使用目的や出来上がりのイメージ、見本となるものがあるとスムーズに注文できます。ドッグタグの刻印内容や素材も自分で自由に決められるので自分にあったドッグタグを作ってみましょう。